スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花鳥の夢 狩野永徳

2014.07.29.06:23


花鳥の夢花鳥の夢
(2013/04)
山本 兼一

商品詳細を見る



久しぶりに屏風、襖絵関連の本を。
図書館から借りてあっという間に読んでしまいました。
安土桃山時代の美術史として
前に読んだ長谷川等伯の本と補完し合う感じです。

特に信長亡き後からの狩野永徳の狩野一門と等伯と
絵の道を行くふたりの絵を書くことに対する考え方や
生き方の違いが面白く書かれていました。

狩野永徳といえば華やかというイメージが以前は強かったのですが
一門が大きかったこととによるプレッシャーや
晩年の苦労を知り、芸術一家に生まれ一生を悩みながら生きた
人なのだな…と…華やかというよりむしろ渋さを感じました。



comment

Secret

プロフィール

nekotojerry

Author:nekotojerry

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。