スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年のことを少し 印象派を超えて点描の画家たち

2014.01.03.21:44

g77.jpg
いつも美術館に行く度に好きな絵のポストカードを買うのですが
気付けば同じ画家さんのものを買って帰っていることに気づきました。
どうもワタクシ、ポール・シニャックという方の絵が好きみたい。
この点描展にも沢山その作品が!ということで
11月14日、ちょっとした時間が出来たので行って来ました。



img017.jpg

これが最初に買ったカード。《Le pont des Art・1928年
日仏交流150年記念 「芸術都市パリの100年展」(2008年・東京都美術館)


img018.jpg
上: 国立西洋美術館に収蔵されている「サン・トロペの港」
下:今回の展示「マルセイユ港の入口」

もちろんゴッホの絵も良かったです。
ゴッホを初めてまじまじ見たのは1995年の横浜美術館「ゴッホ展」
《糸杉と星の道》が来ておりました。

2012年10月に行った東京都美術館の「メトロポリタン美術館展」
メトロポリタン
に来ていた《糸杉》の色使いもとても好きでした。

今回はこれ
ゴッホ
《レストランの内部》という絵のポストカードを買いました。
ゴッホの色使い、とても好き。
先日テレビで見て知ったのだけど明るい色使いをするようになったのは
後半のことだったようですね。ゴッホの図録はいっぱい持っているけどその来歴には無知な私…。

自分メモ 
ポール・シニャックwiki
ゴッホwiki

comment

Secret

プロフィール

nekotojerry

Author:nekotojerry

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。