スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去のない男

2013.10.29.08:17

続いて見たのは「過去のない男」
アキ・カウリスマキ監督 敗者三部作の二作目。

過去のない男 公式サイト


冒頭からあれ!と思ったのは
見覚えのある役者さん。
「かもめ食堂」のマルク・ペルトラ氏だ!
かもめ食堂
残念なことに彼は2007年に亡くなったそうです。
非常に存在感のある役者さんだと思います。

そして今まで見た「ル・アーブルの靴みがき」「街のあかり」に
出てきた役者さんもたくさん。(順番としては今回の「過去のない男」が一番古い作品ですが)

まず「ル・アーブル」で主役男性の奥様を、「街のあかり」ではスーパーのレジ係役だった
カティ・オウティネンさん
過去のない男
左:カティ・オウティネン 右:マルク・ペルトラ

彼女の名前を検索してみると
ウィキの略歴に
子役出身。 アキ・カウリスマキ作品の常連で、
不条理なまでに無表情な演技を淡々と演じてみせる
ドイツ映画やフランス映画でも活躍している。
2002年の『過去のない男』でカンヌ国際映画祭女優賞を獲得している。

とある。
そして他のサイトでも彼女の仏頂面に萌え!とか、その淡々とした無表情に
惹きつけられている方、多数。
分かる、分かる!私も仏頂面ファンになってしまった。
多数の作品に出演されている有名な女優さんでオーラもバンバンなんだけど
なんか…こう… なんともいえない味。クセになります。

そして先日見た「街のあかり」の冴えないけど、顔はかっこいい彼
ヤンネ・ヒューティライネンもちょこっと出ていました。


そうそう、カティ・オウティネンさんのインタビュー動画を見ましたが
アキ・カウリスマキ監督はまず役者を決めてから脚本を書き始めるそうです。
存在感ばっちりの役者さんたちばかりな理由も、なんとなく分かるような気が。

そしてフィンランド人、映画で見ると
本当に無表情で淡々としている。
寒いから??

大袈裟に感情を表現することが必ずしも良いことではなく
なんだか淡々とそれでも心は温かくっていうのもいいんじゃない?
なんて思えてくるから不思議。

仏頂面、萌え。

comment

Secret

プロフィール

nekotojerry

Author:nekotojerry

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。