スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二十四の瞳

2013.09.02.22:27

毎年8月は戦争に関する番組やドラマ、映画を見ることにしている我が家。
これも見ました。「二十四の瞳」
二十四の瞳

黒木瞳さんのおなご先生、きらきらしていて美しいです。
生まれながらの女優さんだと思います。

このドラマは終戦60周年記念のもので
「二十四の瞳」は映画化もドラマ化も何度もされている作品。
1954年の木下惠介監督による映画は中国でも反響を呼んだと
先日読んだ本に書いてありました。
鬼のような残虐な侵略者としての日本人しか知らなかった中国人は
この映画を見て、このような日本人もいるのかと大変驚いたそうです。

この作品もまたいつまでも愛されて残っていくといいなと思います。
壺井栄さんの小説、何度読んでも心が洗われるようです。

comment

Secret

プロフィール

nekotojerry

Author:nekotojerry

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。