スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助けてドラえもん

2013.03.23.19:24

お彼岸やら卒業式やら習い事やら
疲れちゃったー

定期的に訪れるこの疲労感・・・
2、3日で良いから連続したお休みが欲しい。

1か月くらいばばーんと休めたら尚、良し。

130307_1006~01

いいな・・・このヒト。だらーんってね。
スポンサーサイト

世界から猫が消えたなら

2013.03.15.21:05

川村元気著「世界から猫が消えたなら」を読みました。
川村氏といえば「電車男」「告白」「悪人」のプロデューサー(かな?)
才能溢れる方ですね。さすがのセンスです。


余命わずかな主人公が、その残された時間の中で
自分を、そして社会をとりまく「あって当たり前だった」ものについて
考えていく・・・というような内容に私はとりました。

なかでも「時計」と「電話」のふたつは考えさせられます。

時間って一体なんだろう。
そして(携帯)電話って。

携帯が登場してから、無為な時間を過ごしてしまうことも
少しルーズになってしまうことも。
電車で多くの人が携帯電話の画面に見入っている姿、
いまだに私は慣れません。


そしてそして、もし世界から猫が消えたなら・・・
     
         世界から

おからの炊いたん

2013.03.13.22:42

             130313_1912~02
  
 娘が「おからの炊いたん」を作りました。
 その昔、初めて「炊いたん」と聞いた時、脳内変換できずに
 木星の衛星かと思いました。


 それはタイタン・・・

誰も知らない

2013.03.11.17:25

         誰も知らない

1月に見た映画。
1988年の巣鴨子供置き去り事件を題材にした映画です。
カンヌで賞をとったのでとても有名ですが
その内容から見るのをためらっていました。

はぁ・・・・子供は健気だ。



こういう家庭、本当にあるの??と以前の平和な私は思っていたけど
下町に暮らして、あるよね・・・と非常に暗い気持ちになりました。

子供時代、近所に似たような家もありましたが
(もちろん、ここまでひどくはなかったけども)
子供たちは、親が親の役割を十分に果たせなくても
そのせいか、早熟ではあるけれでも、
とてもしっかりしていました。

だけど、衛生面も悪かったし、学校にも満足に通えなかったし
しなくていい苦労をたくさんしていました。


親として「最低限」のことって、
今この時代、「価値観」という名のもとに多様であることが
許されているような錯覚に陥りますが

21世紀になろうが、世の中どんなに変わろうが、
全く変わりなく、絶対に「最低限」のことってあると思います。

社会や境遇のせいにするのではなく、人間としての本能に耳を傾けて
親として大人として、踏ん張らなければいけないところはあるはず。

戦争と文学

2013.03.11.17:06

       戦争と文学



集英社から出ている「戦争と文学」満州の光と影
を図書館から借りてきて読んでいます。

高田馬場の書店で発見した本なのだけど
分厚くて重い&高い・・・で購入を見送りしていた本です。

こういう本こそ、区で買って欲しいわ!なので
あって嬉しかった~♪

最近軽い本ばかり読んでいたので、じっくり読める本は久々。
じっくり系を読んでいる方が充実感があります。
   

スノーホワイト

2013.03.07.20:23

      snow white



5日に見ました。「スノーホワイト」
トワイライトのクリステン・スチュワートが出ているので
見たかった作品。

ディズニーの「白雪姫」に比べて、怖いこと、怖いこと。

なんと小人さんが死んじゃうんです。

ハイホー♪ なんて感じじゃないです。

突っ込みどころも満載ですが、最後まで飽きずに見られました。

それにしてもクリステン、相変わらず目のクマがひどいです。
寝不足かダイエットのしすぎか。
って大きなお世話でした

食器

2013.03.07.08:48

2月中旬から家の片付けに励んでいます。
娘の受験が終わったので、プリント類の大量整理を発端に
開かずの物入れ、子供スペース、食器棚とその領域を徐々に拡大。

少しはやる気も出てきたけれども、何事も形から入る私としては
いまひとつ物足りない・・・

ということで 食器を買ってみました。


「かもめ食堂」のあのカップ欲しかったのよね。
 
 ↓

かもめ食堂

このiittalaのオリゴシリーズを何点か。
iittala.jpg



そしてシンプルな無地のお皿などを何点か買いました。

これで少しはキッチンに立つ気になれるのだろうか

iittala teema

ロボジー

2013.03.05.09:06

↓ 「ロボジー」主題歌youtube


五十嵐信次郎とシルバー人材センター

「ロボジー」

久しぶりに「面白い!」と思った映画。
エンターテインメントってこうじゃなくっちゃ

おバカなことを真剣にやってしまうって清々しくカッコいい。
主題歌までも、五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)
こんな元気な70代、憧れ。
年をとるって素敵だ。

ロボジー

映画2本 後味

2013.03.04.20:52

返却期限がせまり
本日は2本も邦画を見ました。

ずっと見たかった
「レンタネコ」

出てくるネコたちが可愛いったら!!
rentaneko.jpg


この「歌丸師匠」というネコがなんとも・・・4


もうひとつは 湊かなえの「告白」

これR15指定だったのね。
すごく後味悪い映画でした。
本はさほどでもなかったけど映像化すると・・・
こんな中学生って本当にいるのかしら。

日本のある部分ってとても間違った方向にいっているのじゃないかと
思ってしまった。
子供は子供らしく、
ネコはネコらしく。

平和に生きていきたいものですわ。
プロフィール

nekotojerry

Author:nekotojerry

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。